パヤオ

パヤオとは

水深1,000m以上の沖に漁協が設置してる大きなブイです。


1,000mの海底からロープを伸ばし、大きな浮遊物を設置することによって、小型魚が集まり、それを捕食する中型魚が集まり、それを捕食する大型魚が集まります。

パヤオでの対象魚は「マグロ」「カツオ」「シイラ」「ツムブリ」などの大型魚になります。また、時には「カジキマグロ」が釣れたりもします!

ポイントは水深1,000m以上の沖ですから、漁港より1時間半程度の時間がかかります。 慣れておられる方々は、行きも帰りも船内にて寝ながら行く方が多いです。 第二康丸では一番ご予約が多いのがパヤオでの釣りです。まぐろ釣りと言えばパヤオです。 また、パヤオもたくさんありますのでパヤオとパヤオの移動の間にカジキマグロのトローリングもサービスにてご案内しております。

パヤオタックルの目安(レンタル時)(水深5m~200m)

沖縄県は魚が大きく、根ズレも多いため少し太めにしております。
(特にレンタルの場合)

※あくまでもレンタルタックルを記載しておりますのでタックルをご持参して楽しみたいお客様は、より繊細でも問題ありません。ただ、流石、沖縄なので大物を取り逃がしてしまうこともありますよ。また、5mは表層を釣るエサ釣り(きびなご)です。 タックルをご持参する方で分からない方は、ご参考にしてください。


●餌釣りタックルの例
・竿6ft前後
・ベイトリールPE4号(300m以上)
・ハリス10号
・タマンスペシャル16号

●ジギングタックルの例
・竿6Ft前後
・スピニングPE4号(300m以上)
・リーダー16号
・ジグ150~250g(お好みのカラースタイル)

●電動エビングの例
・リール(フォースト9000番)
・PE5号(800m)
・月形天秤150号
・リーダー30号
・タマンスペシャル21号

パヤオの料金

パヤオコース 1~6名様まで1日チャーター75,000円
追加お一人様に付き5,000円(最大12名まで)

パヤオのご案内

出港漁港 熱田漁港
船名 純(ツナ)
船長 田仲 康純(タナカ ヤスツナ)
船の長さ 58フィート(17.7m)
遊漁船登録番号 沖縄1035
設備 トイレ・客室・水道
保険 加入済み
釣行時間 早朝から夕方まで可能です!料金は変わりません!
時間的料金は県内一安い???
ご予約・お問合せ (推奨)LINE@
(Mail)お問合せフォーム
(TEL)080-6492-0655

沖縄の船釣りを満喫していただくために


釣った魚(カツオ・マグロ)を船上で刺身にしてにてお召し上がり頂けます。


沖縄県の果物などをサービスで提供しております。例えば・・・スナックパインやタンカンなどなど。季節に応じて!
飲み物なども常にサービスでご用意しております。
お客様からお誘いがあれば・・・釣行後に反省会などをして、一緒に飲みましょう!

LINE@船長に連絡